はいみどりの世界

すてきな記憶を忘れないために

コミケ c93 おしながき(2017年冬)(再録、追加情報)

コミケ(C93)のサークル「やきいも」のお品書きです。(12月30日(火) 2日目東D-59a)

1. 緒明山公園のひみつ (B5:フルカラー16p) (300円) (新刊:C93) 
「緒明山公園のひみつ」 は、「たまゆら」のTVアニメシリーズ、OVA、そして劇場版に登場した横須賀、および横浜、渋谷に点在する関東の舞台背景、作中写真の全てをカバーしています。所在地の地図、登場した背景の解説、関連施設やグルメ情報、小ネタも。
アニメ「たまゆら」の関東地域の全ての情報をこの1冊に。もちろん、いつもの背景へのこだわりも。

◎横須賀たまゆら聖地巡礼ガイドブックとしてぜひお勧めいたします。

f:id:haimidori:20180714162358p:plain

f:id:haimidori:20180714162447p:plain

f:id:haimidori:20180714162510p:plain

f:id:haimidori:20180714162530p:plain

f:id:haimidori:20180714162545p:plain

--------

拙著の題名の緒明山公園(おあきやま)は、たまゆらの始まりの街、横須賀の市立図書館の前に存在する公園です。

この場所でのふうにょんとちひろちゃんの中学生時代のやり取りがあり、そして、劇場版たまゆら卒業写真での新たな出発の場所としてとても大切な場所で、あの滑り台がありました。

この滑り台は、設置から20年が経過し、土台の木の部分の劣化が進み、このまま放置するのは危険なため、昨年(2017年)の夏、一旦撤去されることになりました。

本書では、この滑り台の在りし日の写真を多く掲載しました。

現在、この場所は更地になっていますが、逐時、情報を上げていきたいと思います。

*緒明山の呼び方ですが、緒明菊三郎さんの苗字からこの名前になったのですが、この公園に詳しい地元の郷土史家の方のお話しによると、この苗字は「おあき」ではなく、「おあけ」と読むのが正しいとのことです。

現在はこの公園は、「おあきやま」と呼び慣らされているので、これに倣って本書もこの名前で呼ぶことにします。

(緒明山に関する事柄は、現在、追加調査をしています。別途、フリーペーパ、もしくは、このブログで情報を提供するつもりです)

f:id:haimidori:20180714161955j:plain

(2017年6月4日撮影)